コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正力松太郎 しょうりきまつたろう

7件 の用語解説(正力松太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正力松太郎
しょうりきまつたろう

[生]1885.4.11. 富山
[没]1969.10.9. 東京
読売新聞社日本テレビ放送網などの経営者,政治家。東京大学法学部卒業後,1913年警視庁に入った。 18年夏の米騒動の鎮圧に手腕を発揮し,以後普選運動労働運動など公安事件を取締った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうりき‐まつたろう〔シヤウリキまつタラウ〕【正力松太郎】

[1885~1969]実業家・政治家。富山の生まれ。大正13年(1924)虎ノ門事件の責任を取って警視庁警務部長を辞任。同年読売新聞の社長となる。昭和9年(1934)プロ野球球団巨人軍の前身に当たる大日本東京野球倶楽部(クラブ)を発足。同27年日本テレビを設立。政界にも進出し、科学技術庁長官などを務めた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

正力松太郎【しょうりきまつたろう】

新聞・放送経営者。富山県生れ。東大卒業後警視庁に入り,米騒動の鎮圧,第1次共産党検挙など,治安対策に敏腕を振るったが,1923年の虎ノ門事件の責任をとって辞職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正力松太郎 しょうりき-まつたろう

1885-1969 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治18年4月11日生まれ。大正12年虎ノ門事件で警視庁警務部長を引責辞任。13年読売新聞の社長となり,部数を大幅にふやす。昭和9年大日本東京野球倶楽部(クラブ)(読売巨人軍の前身)を創設。27年日本テレビ放送網を設立し社長,29年読売新聞社主。30年衆議院議員(当選5回,自民党)。初代原子力委員長として原子力利用をすすめた。昭和44年10月9日死去。84歳。富山県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうりきまつたろう【正力松太郎】

1885‐1969(明治18‐昭和44)
大正・昭和期の新聞・放送経営者。富山県射水郡枇杷首村(現大門町)に生まれ,高岡中学,第四高等学校を経て東京帝国大学法科大学(法学部)を卒業。内務省に入り累進して警視庁警務部長になったが,1923年(大正12)12月虎の門事件で引責辞職。翌24年2月,経営難で不振の〈《読売新聞》〉を買い受け社長に就任,新聞界に転じた。意表をつく新企画の連発と積極経営で社勢拡大に成功,41年(昭和16),読売は発行部数で〈《朝日新聞》〉〈《毎日新聞》〉をおさえ東日本最大の新聞に成長した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうりきまつたろう【正力松太郎】

1885~1969) 新聞経営者。富山県生まれ。東大卒。虎門事件によって警視庁警務部長を引責辞職。1924年(大正13)読売新聞社社長。国務大臣を歴任。また、民間テレビ放送網を創設、プロ野球の発展にも尽力。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正力松太郎
しょうりきまつたろう
(1885―1969)

新聞・放送経営者。明治18年4月11日富山県射水(いみず)郡枇杷首(びわくび)(現、射水市)に生まれる。1911年(明治44)東京帝国大学卒業後、官界に入るが、1923年(大正12)12月警視庁警務部長のとき起こった虎の門事件の責任を負って退官。1924年2月、後藤新平の助力で『読売新聞』の経営にあたる。以後、独創的な企画を次々と打ち出し、『読売新聞』を『朝日新聞』『毎日新聞』と並ぶ全国紙に育て上げた。1941年(昭和16)秋、戦時新聞統合を企図する政府の全国新聞一元会社案に反対、撤回させたのは有名。第二次世界大戦後は、日本初の民放テレビ局「日本テレビ放送網」を創立したほか、マイクロウェーブの敷設に尽力、放送界に貢献するとともに、プロ野球の発展に努めた。鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣、岸信介(きしのぶすけ)内閣の国務大臣として入閣、原子力平和利用の基礎を固めた。昭和44年10月9日没。[春原昭彦]
『御手洗辰雄著『伝記正力松太郎』(1955・大日本雄弁会講談社) ▽片柳忠男著『創意の人 正力松太郎』(1961・オリオン社出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の正力松太郎の言及

【原子力発電論争】より

…すなわちアメリカにおける論争と共通する点が多いので,以下には日本における特徴的な事項について簡単に述べることとする。
[英国炉導入問題]
 1956年原子力委員会が発足したばかりの時,イギリスからコールダー・ホール型原子炉を早期に導入することにより原子力発電の推進を図ろうとした初代原子力委員長正力松太郎の方針に対し,基礎研究の積上げによる自主開発路線を主張する湯川秀樹委員をはじめとする核物理学者が反対し,湯川は結局辞任するにいたった。その後英国炉の早期導入は産業界の支持のもとに強行されたが,その過程で安全性,経済性,行政のあり方など多岐にわたる論争が展開された。…

【広告】より

… テレビ放送は,NHKの実験局が開設されたのは1950年11月のことであるが,商業放送としては53年8月の日本テレビの放送開始が最初である。当時,東京のサービスエリア内にあった受像機は3000台程度で,十分な広告主は得られないから,経営は成り立たないであろうとみられていたが,正力松太郎(しようりきまつたろう)は受像機数よりも,その前に集まる視聴者の数によって媒体価値が決まると考え,アメリカから購入した大型受像機200台を盛場に備えつけ,これがテレビの魅力を紹介する結果になって,普及を促したといわれる。テレビ放送局は55年から60年にかけて全国の主要都市に開設され,そのサービスエリアはほとんど全国に広がり,広告主によって支払われる広告費(電波料および制作費)も,1959年にはテレビはラジオを抜き,さらに75年には新聞をも抜いて,媒体別で首位を占めるに至った。…

【デ・フォレスト】より

…帰還・再生回路(フィードバック)の先取権をめぐってデ・フォレストとE.H.アームストロングが争ったことも有名である。 また1948年にデ・フォレストは日本での商業テレビ局の開設についての話を,のちに開設運動の中心となった正力(しようりき)松太郎のもとに持ち込んでおり,その翌年にはマッカーサー元帥にも信書を送っている。しかし実際の商業テレビの展開の場面には,彼の姿は現れていない。…

【日本テレビ放送網[株]】より

正力松太郎が日本初の民放テレビ局として1952年に創設した会社。正しくは〈にっぽんテレビほうそうもう〉。…

【読売新聞】より

…1890年以来1919年まで経営に当たっていた本野家が退き,松山忠二郎が社長に就任した。松山は報道・論説の強化を企てたが,関東大震災の打撃もあって経営が悪化,24年その後任に虎の門事件で官界を去った元警視庁警務部長正力松太郎が就任した。正力は経営合理化による再建を進めるとともに,一般ニュースの充実,社説の常設化,夕刊の発行(1931年11月),スポーツ・趣味・娯楽記事(ラジオ版の創設,囲碁将棋欄の拡張など)の強化のほかアメリカ野球チームの招待,自殺続発騒ぎの三原山火口の探査などで話題を呼び,読者を吸引,《読売》を質量両面で急伸させ,さらには大阪系の新聞との販売競争をしのぎ切り,長く二流紙あつかいされてきた《読売》は一躍《東京朝日新聞》《東京日日新聞》に比肩する有力紙に成長した。…

※「正力松太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

正力松太郎の関連キーワード東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用大阪事件後藤牧太天津条約

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正力松太郎の関連情報