小林喜三郎(読み)こばやし きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林喜三郎 こばやし-きさぶろう

1880-1961 明治-昭和時代の興行師。
明治13年12月10日生まれ。43年映画製作会社福宝堂の重役となり,フランスの探偵映画「ジゴマ」やアメリカのスペクタクル映画「イントレランス」を配給。のち日活の経営などにも関与するほか,三葉興行を設立する。戦後は日活監査役などをつとめた。昭和36年2月20日死去。80歳。茨城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小林喜三郎の言及

【日本映画】より


[日本最初のカラー映画]
 14年,日活につづく映画大企業として,天然色活動写真株式会社(天活)が生まれた。これは,日活成立後まもなく日活を脱退し,それぞれに映画製作を始めた旧福宝堂系の小林喜三郎と山川吉太郎が創立した会社で,沢村四郎五郎(1877‐1932),市川莚十郎を主役に日活の松之助映画と同様の旧劇を量産するとともに,新派の連鎖劇に力を入れた。また,ごく初期だけのことながら,その社名にふさわしくカラー映画の製作を目ざし,日本最初のカラー劇映画の試作品《義経千本桜》(1914。…

※「小林喜三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android