コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林喜三郎 こばやし きさぶろう

1件 の用語解説(小林喜三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林喜三郎 こばやし-きさぶろう

1880-1961 明治-昭和時代の興行師。
明治13年12月10日生まれ。43年映画製作会社福宝堂の重役となり,フランス探偵映画ジゴマ」やアメリカスペクタクル映画イントレランス」を配給。のち日活の経営などにも関与するほか,三葉興行を設立する。戦後は日活監査役などをつとめた。昭和36年2月20日死去。80歳。茨城県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小林喜三郎の言及

【日本映画】より


[日本最初のカラー映画]
 14年,日活につづく映画大企業として,天然色活動写真株式会社(天活)が生まれた。これは,日活成立後まもなく日活を脱退し,それぞれに映画製作を始めた旧福宝堂系の小林喜三郎と山川吉太郎が創立した会社で,沢村四郎五郎(1877‐1932),市川莚十郎を主役に日活の松之助映画と同様の旧劇を量産するとともに,新派の連鎖劇に力を入れた。また,ごく初期だけのことながら,その社名にふさわしくカラー映画の製作を目ざし,日本最初のカラー劇映画の試作品《義経千本桜》(1914。…

※「小林喜三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小林喜三郎の関連キーワード下席中席木下唯助櫛引弓人永田貞雄中村駒蔵野呂藤助林桂矢野勘治吉本せい

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone