コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林幸八 こばやし こうはち

1件 の用語解説(小林幸八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林幸八 こばやし-こうはち

1839*-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年12月1日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。安政6年横浜でロシア海軍少尉と水兵および賄(まかない)係を襲撃殺傷して逃走する。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱にくわわり,京都にむかうが,越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)で降伏。幽閉中の尋問で横浜での外国人殺害を自白し,慶応元年8月14日死罪となった。28歳。名は秀。変名は忠雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林幸八の関連キーワードタンジマートアメリカ音楽新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令茶室一覧明石博高岡本監輔ゴシケヴィチ田丸稲之衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone