コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林柔吉 こばやし じゅうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林柔吉 こばやし-じゅうきち

1837-1869* 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年生まれ。河野鉄兜(てっとう)にまなんだのち,安芸(あき)広島藩につかえる。慶応3年(1867)民間有志による神機(しんき)隊を組織し,備後(びんご)(広島県),備中(びっちゅう)(岡山県)の鎮撫に参加。4年新政府軍北陸道参謀。明治元年12月17日死去。32歳。名は降麟。字(あざな)は聖瑞。号は竹処。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林柔吉の関連キーワード幕末武士天保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android