コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林永濯 こばやし えいたく

1件 の用語解説(小林永濯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林永濯 こばやし-えいたく

1843-1890 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)14年3月23日生まれ。狩野永悳(かのう-えいとく)にまなび,近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊家につかえる。維新後は浮世絵や新聞の挿絵を手がけ,明治20年新吉原灯籠(とうろう)会の灯籠に月岡芳年(よしとし)とともに歴史画をえがいた。明治23年5月27日死去。48歳。江戸出身。名は徳宜。通称は秀次郎。号は鮮斎。著作に「万物雛形画譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の小林永濯の言及

【絵本】より

…そのうち1885‐92年に20冊の多色木版私装本《日本昔噺(むかしばなし)シリーズ》が長谷川武次郎によって出版された。内容は江戸時代の日本の昔話を在留外国人に諸国語に訳させ,小林永濯(えいたく)らの絵で挿絵をつけ,和紙をちりめん紙に加工して,外人のみやげ物とし,海外にも売り出したものである。訳者のうちにヘボン,チェンバレンがおり,のちに小泉八雲(L.ハーン)も加わった。…

※「小林永濯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小林永濯の関連キーワード木村香雨小林玉潤杉谷雪樵遠坂文岱肥後新造円山咸洞村越向栄山下蕉雨山内林斎和田菁華

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林永濯の関連情報