コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林永濯(読み)こばやし えいたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林永濯 こばやし-えいたく

1843-1890 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)14年3月23日生まれ。狩野永悳(かのう-えいとく)にまなび,近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊家につかえる。維新後は浮世絵や新聞の挿絵を手がけ,明治20年新吉原灯籠(とうろう)会の灯籠に月岡芳年(よしとし)とともに歴史画をえがいた。明治23年5月27日死去。48歳。江戸出身。名は徳宜。通称は秀次郎。号は鮮斎。著作に「万物雛形画譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小林永濯の言及

【絵本】より

…そのうち1885‐92年に20冊の多色木版私装本《日本昔噺(むかしばなし)シリーズ》が長谷川武次郎によって出版された。内容は江戸時代の日本の昔話を在留外国人に諸国語に訳させ,小林永濯(えいたく)らの絵で挿絵をつけ,和紙をちりめん紙に加工して,外人のみやげ物とし,海外にも売り出したものである。訳者のうちにヘボン,チェンバレンがおり,のちに小泉八雲(L.ハーン)も加わった。…

※「小林永濯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android