コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林秀知 こばやし ひでとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林秀知 こばやし-ひでとも

1838-1908 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)9年生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士戊辰(ぼしん)戦争で東北地方を転戦した。維新後は工部省にはいり,官営三池炭鉱の事業を拡張した。明治21年三池炭鉱の民間移管を機に退官,東京電気鉄道敷設計画や倉谷鉱山設立にかかわった。明治41年2月23日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林秀知の関連キーワード明治時代実業家天保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android