コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林秀知 こばやし ひでとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林秀知 こばやし-ひでとも

1838-1908 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)9年生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。戊辰(ぼしん)戦争で東北地方を転戦した。維新後は工部省にはいり,官営三池炭鉱の事業を拡張した。明治21年三池炭鉱の民間移管を機に退官,東京電気鉄道敷設計画や倉谷鉱山設立にかかわった。明治41年2月23日死去。71歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林秀知の関連キーワード国木田独歩天理教沢村宗十郎監獄法新聞小説岸沢式佐(5代)メチニコフ渡辺崋山アフガン戦争学級

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone