コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林虎三郎 こばやし とらさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林虎三郎 こばやし-とらさぶろう

1828-1877 江戸後期-明治時代の武士,教育者。
文政11年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。江戸で佐久間象山にまなぶ。ペリー来航に際し,象山とともに横浜開港をとなえ,とがめをうけ帰郷。維新後長岡藩大参事となり,長岡の復興,教育振興につくした。支藩からおくられた米100俵を学校創立の資金にかえたエピソードで有名。明治10年8月24日死去。50歳。名は虎。字(あざな)は炳文。号は寒翠,病翁(へいおう)。著作に「小学国史」「興学私議」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こばやしとらさぶろう【小林虎三郎】

1828~1877) 幕末・維新期の長岡藩大参事。戊辰ぼしん戦争に敗れて困窮した長岡藩に支藩三根山藩から送られた米百俵を国漢学校設立のために用いるなど、将来のための教育に尽くした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小林虎三郎の関連キーワード小林雄七郎小林寒翠佐藤貴子明治時代教育者米百俵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android