コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林虎三郎 こばやし とらさぶろう

2件 の用語解説(小林虎三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林虎三郎 こばやし-とらさぶろう

1828-1877 江戸後期-明治時代の武士,教育者。
文政11年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。江戸で佐久間象山にまなぶ。ペリー来航に際し,象山とともに横浜開港をとなえ,とがめをうけ帰郷。維新後長岡藩大参事となり,長岡の復興,教育振興につくした。支藩からおくられた米100俵を学校創立の資金にかえたエピソードで有名。明治10年8月24日死去。50歳。名は虎。字(あざな)は炳文。号は寒翠,病翁(へいおう)。著作に「小学国史」「興学私議」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こばやしとらさぶろう【小林虎三郎】

1828~1877) 幕末・維新期の長岡藩大参事。戊辰ぼしん戦争に敗れて困窮した長岡藩に支藩三根山藩から送られた米百俵を国漢学校設立のために用いるなど、将来のための教育に尽くした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林虎三郎の関連キーワード石田遊汀(2)歌川芳春昇斎一景関直吉藤堂高泰樋口逸斎広田精知松本良甫村瀬双石吉田如雲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林虎三郎の関連情報