コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林陽太郎 こばやし ようたろう

2件 の用語解説(小林陽太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林陽太郎 こばやし-ようたろう

1933-2015 昭和後期-平成時代の経営者。
昭和8年4月25日生まれ。小林節太郎の長男。昭和33年富士写真フイルムに入社。38年富士ゼロックスにうつり,53年社長。新製品開発や新ユーザーの開拓で同社を優良企業へ成長させた。平成4年会長。11年経済同友会代表幹事に就任,外資系企業の経営者として初の財界団体トップとなった。平成27年9月5日死去。82歳。東京出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

小林陽太郎

日本の実業家。1933年4月25日、イギリスロンドン生まれ。富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)元社長・小林節太郎の長男。56年に慶應義塾大学を卒業し、ペンシルベニア大学ウォートンスクールを修了後、58年、富士写真フイルムに入社した。63年、設立当時の富士ゼロックス株式会社に移り、販売本部長だった70年には「ビューティフルキャンペーン-モーレツからビューティフルへ-」というキャンペーンを展開し注目された。78年、44歳で代表取締役社長に就任。80年にはTQC(全社的品質管理)活動が評価され、日本科学技術連盟運営の「デミング賞実施賞」を受賞した。92年、代表取締役会長に就任。99年~2003年には経済同友会の代表幹事を務めている。09年、富士ゼロックスを退任し、同年、国際大学(新潟県南魚沼市)の理事長に就任した。15年9月5日、左慢性膿胸(のうきょう)のため死去。享年82。

(2015-9-9)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林陽太郎の関連キーワード青井忠雄荒木浩上山保彦須田寛竹見淳一長岡毅中原伸之野田一夫森川敏雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林陽太郎の関連情報