コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗孝三郎 おぐり こうざぶろう

2件 の用語解説(小栗孝三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗孝三郎 おぐり-こうざぶろう

1868-1944 明治-大正時代の軍人。
慶応4年8月4日生まれ。イギリス駐在武官をへて,日露戦争後音羽,香取の各艦長,艦政本部第一部長などをつとめる。大正3年イギリス大使館付武官,のち軍務局長,第三艦隊司令長官,舞鶴鎮守府司令長官などを歴任した。海軍大将。昭和19年10月15日死去。77歳。加賀(石川県)出身。海軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小栗孝三郎

没年:昭和19.10.15(1944)
生年:明治1.8.4(1868.9.19)
明治大正期の海軍軍人大聖寺藩(石川県)藩士小栗勇馬の3男。明治22(1889)年海軍兵学校卒。日清戦争(1894~95)後,34年海軍大学校(甲)卒,同年海軍省副官兼海相秘書官。36年からイギリス駐在となり翌年一時帰国して軍令部参謀となったが6~12月再度渡英した。日露戦争(1904~05)後は第1潜水艇司令,「音羽」「香取」各艦長,艦政本部第1部長などを歴任した。第1次大戦の勃発した大正3(1914)年8月から,イギリス大使館付武官となり,6年イギリスの要請によって艦隊派遣を行った際には,第1特務艦隊司令官としてインド洋,南シナ海方面の作戦および通商保護に当たった。10年には東宮(のちの昭和天皇)訪欧に随行,12年大将となる。

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小栗孝三郎の関連キーワード大江知言大聖寺伊集院五郎一庭啓二井上蘭沢鶴田鹿吉西尾治郎作野間口兼雄平野勇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone