コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小森徳之 こもり とくし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小森徳之 こもり-とくし

1854-1922 明治-大正時代の国字改良家。
嘉永(かえい)7年2月生まれ。明治の中ごろ英米に滞在し,国字の改良をこころざす。ローマ字の特徴をとりいれ,横書きの独特のかな文字を工夫し,明治35年「読売新聞」に紹介された。質店をいとなむかたわら,中外拓殖の取締役をつとめた。大正11年10月27日死去。69歳。秋田県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小森徳之の関連キーワード大正時代嘉永

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android