コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小椋 おぐら

世界大百科事典 第2版の解説

おぐら【小椋】

滋賀県神崎郡永源寺町の愛知(えち)川上流に沿う渓谷一帯(旧,愛知郡東小椋村)の地名。各地に散在する木地屋の根元の地と考えられていた所である。この地の君ヶ畑(きみがはた),蛭谷(ひるたに),箕川(みのかわ),政所(まんどころ),九居瀬(くいぜ),黄和田(きわだ)の6集落は,小椋谷六ヶ畑とも呼ばれた。中でも君ヶ畑,蛭谷2村には,双方に惟喬(これたか)親王の墳墓と伝えられるものや,親王を祭神とした神社(旧称,太皇(おおきみ)大明神,筒井八幡宮)とその別当寺(金竜寺,帰雲庵)が存在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小椋の関連キーワードマイナースポーツのアイドルアスリートリップスティック・グラフィティ僕の好きなPeach Pieオナカの大きな王子さまさよならなんていえないブルースエンジェルス京山 幸枝若(初代)パーティーがはじまるシクラメンのかほりまだ乾かない油絵に恋するトップレディ木地師(きじし)ごめんねダーリンビーマイベイビーヒューバーマン永源寺[町]まごころの橋夢で逢えたらバランタイン京山 幸枝若

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小椋の関連情報