小榑久衛(読み)こぐれ きゅうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小榑久衛 こぐれ-きゅうえ

1844-1921 明治-大正時代の地域改良家。
天保(てんぽう)15年7月30日生まれ。明治13年埼玉県会議員,23年賀美村(上里村)村長となる。教育の普及,悪疫水害の防止などにつくし,また蚕種の粗製乱造防止のため武州蚕糸組合,東部蚕業改良会社を設立した。大正10年6月24日死去。78歳。武蔵(むさし)賀美郡(埼玉県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android