コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅巾の乱 コウキンノラン

デジタル大辞泉の解説

こうきん‐の‐らん【紅巾の乱】

中国、末期の1351~1366年、異民族王朝の元を倒し、漢民族王朝を復活するきっかけとなった農民の反乱。白蓮(びゃくれん)教徒などの宗教的結社が中心勢力となり、紅色の頭巾(ずきん)を用いた。反乱鎮圧後の内乱状態の中で、紅巾軍の武将であった朱元璋(しゅげんしょう)明朝を興した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紅巾の乱【こうきんのらん】

中国,元末の1351年―1366年に起こった農民反乱。紅色の頭巾(ずきん)を標識とした。白蓮(びゃくれん)教や弥勒(みろく)教などの教徒が中心となり,元朝の支配をゆさぶる。
→関連項目元(王朝)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうきんのらん【紅巾の乱】

中国,異民族王朝元の支配を倒し,漢民族王朝の成立のきっかけとなった宗教的農民反乱。1351‐66年。白蓮(びやくれん)・弥勒(みろく)教徒が勢力の中心で,紅布で頭を包み標識としたので〈紅巾の賊〉ともいう。河北省に本拠をおく白蓮教会の会首韓山童は弥勒仏下生(げしよう)の説をもって布教し,河南,安徽地方で反元の反乱を企てたが失敗した。あとを遺児の韓林児が継ぎ,長江(揚子江)流域では徐寿輝らが呼応し全国的反乱となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきんのらん【紅巾の乱】

中国、元末、1351年から66年にかけて、弥勒・白蓮びやくれん教徒が中心となって展開した宗教的農民反乱。紅色の頭巾を目印とした。首領は韓林児。1368年、紅巾軍の出身である朱元璋しゆげんしようは元を退けて明国を樹立した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅巾の乱
こうきんのらん

中国、モンゴル民族の王朝元(げん)の支配を倒し、漢民族王朝明(みん)の成立のきっかけとなった宗教的農民反乱(1351~66)。白蓮(びゃくれん)・弥勒(みろく)教徒がその勢力の中心で、紅布で頭を包み同志の標識としたので「紅巾の賊」ともいう。元朝の圧政下で、欒城(らんじょう)(河北省)に本拠を置く秘密宗教結社、白蓮教会の会首韓山童(かんさんどう)は、早くから弥勒仏下生(げしょう)の説をもって布教し、華北各地で広く信者を獲得していた。おりしも1351年、大氾濫(はんらん)をおこした黄河の修理のため元朝は多数の農民を役夫として徴発したが、山童はこの役夫のなかに扇動者を送り込み、民心の動揺に乗じて「宋(そう)の徽宗(きそう)八世の孫」と称し、反乱に立ち上がった。紅巾軍は最初の弾圧で山童を失ったが、教徒の劉福通(りゅうふくつう)らはその遺児韓林児(かんりんじ)を奉じて安徽省に逃れ、亳州(はくしゅう)(安徽省)で彼を帝位につけ、「小明王(しょうみょうおう)」と称し、宋国を建てて元朝打倒の檄(げき)を四方に発した。これを機に湖北の徐寿輝(じょじゅき)、安徽の郭子興(かくしこう)、朱元璋(しゅげんしょう)(明の太祖)や河南の布王三(ふおうさん)らが相次いで反乱を起こした。57年には、韓林児政権は諸軍を3路に分け、元朝に対して北伐軍を送るなど、紅巾軍の勢力は一時、華北、華中一帯に及んだ。彼らは菜食主義や、宗教的戒律、厳正な軍規をもち、至る所で腐敗した元軍を破った。しかし明確な政治的プログラムをもたず、部将間の内部対立などにより勢力が分裂し、元軍と地主の武装団による反撃にあい、本拠も壊滅した。こうしたなかで朱元璋は南京(ナンキン)を占領すると自立し、着実に地盤を固め天下平定に成功した。[谷口規矩雄]
『谷口規矩雄著『朱元璋』(1966・人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紅巾の乱の言及

【洪武帝】より

…彼は濠州(安徽省鳳陽県)の貧農の子に生まれ,若くして親,兄弟をなくし,一時僧侶となった。ちょうどこのころ,韓林児を首領とする紅巾の乱が起こり,その一党であった郭子興も濠州を占領して反乱にたちあがった。彼は意を決して郭子興軍に投じ,紅巾軍の一兵士となったが,たちまち頭角をあらわし一方の部将となった。…

※「紅巾の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紅巾の乱の関連キーワード農民反乱[東洋]元の時代(年表)順帝[元]白蓮教の乱上都開平府金鰲新話朱元璋劉福通洪武帝李成桂崔瑩

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android