コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宅荘 おやけのしょう

百科事典マイペディアの解説

小宅荘【おやけのしょう】

播磨国揖東(いっとう)郡にあった荘園で,《和名抄》記載の古代揖保(いぼ)郡小宅郷を継承する。兵庫県たつの市揖保川東岸から,東南方の林田川西岸にかけての地域に比定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おやけのしょう【小宅荘】

播磨国揖保郡にあった荘園。今の兵庫県竜野市東部一帯の地域。小宅郷の荘園化したもので,東西は14条,15条の2条だが,南北は16坊から10坊の7坊にわたる細長い荘園。立荘の時期や事情は不明だが,鎌倉時代の末ごろ京都大覚寺所領。惣荘方と三職方(さんしきかた)とに分かれ,三職方は67町3段30代,惣荘方はその約4倍の面積を占め,両者は錯綜して入り組んでいた。1325年(正中2)10月大納言中御門経継は当荘三職方を次第証文を添えて大徳寺に寄進し,30年(元徳2)8月後醍醐天皇が安堵の綸旨を与え,34年(建武1)8月に国司守護使の入部を禁じ役夫工米(やくぶくまい)などの諸役を停止(ちようじ)し一円不輸の寺領とする官宣旨が出されて,大徳寺の所領として確定した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小宅荘
おやけのしょう

播磨(はりま)国揖東(いっとう)郡の荘園(しょうえん)。現在の兵庫県たつの市東部一帯の地域にあたる。王家領荘園として設立されたと推定されるが、その時期は不明。1272年(文永9)に後嵯峨院(ごさがいん)が准后(じゅごう)平棟子に譲与し、その後大覚寺領となり、いわゆる大覚寺統の領有する荘園として存続した。1297年(永仁5)ころ、京都の貴族中御門(なかみかど)経継と朝昌法師(姓不詳)との間で、惣荘(そうしょう)の約6分の1の面積を占める小宅荘三職方(さんしきかた)の領有をめぐって相論があり、1325年(正中2)経継は三職方を大徳寺開山宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)に寄進した。三職方については、それ以降も、惣荘の領主大覚寺や朝昌法師の子孫との相論が続いたが、妙超が播磨国の豪族浦上(うらがみ)氏の出身であったためもあって、大徳寺の領有が地域に根を降ろした。大徳寺文書のなかには、本荘の絵図などの多くの史料が残されており、条里坪付(じょうりつぼつけ)の詳細や、八日市などの地方定期市場、交通の要衝に設置された散所(さんじょ)屋敷の様相などを知ることができる。[保立道久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小宅荘の関連キーワード荘園(日本)大徳寺文書惣追捕使領家

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android