小樽高商軍教事件(読み)おたるこうしょうぐんきょうじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1925年(大正14)10月に発生した、小樽高等商業学校生徒らによる軍事教練反対運動。同校は10月15日、配属将校鈴木少佐の指揮で野外演習を実施したが、その想定書に「無政府主義者ハ不逞(ふてい)鮮人ヲ煽動(せんどう)」とあったことから、社会科学研究会の学生有志をはじめ、小樽総労働組合、在住朝鮮人らによる大規模な反対運動が展開され、学生14名が処分された。全国の学生たちへの軍教反対の呼びかけもなされ、運動は本州に拡大し、東京、大阪、京都などでも学生や労働団体が結集した。[桑原真人]
『小樽商科大学編・刊『緑丘五十年史』(1961)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android