コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小池甚之丞 こいけ じんのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小池甚之丞 こいけ-じんのじょう

?-? 織豊-江戸時代前期の有職(ゆうそく)家。
小池流の祖。信濃(しなの)(長野県)筑摩郡小池村の出身。小笠原長時貞慶(さだよし)(1546-95)親子につかえ,貞慶から小笠原流の弓馬術と武家礼法の極意をうける。のち小笠原忠真(ただざね)にしたがって豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)にうつり,子弟の教授にあたった。名は貞成(さだなり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小池甚之丞の関連キーワード水島卜也小池貞成

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android