小沢何丸(読み)おざわ なにまる

美術人名辞典の解説

小沢何丸

俳人。姓は毛呂、名は一元、字は何丸、号は月院舎・古連・漁村等。信濃生、江戸住。漢詩文を岡沢陸沈に、国学小沢蘆庵・村田了阿に学ぶ。書画の売買と医術修業のためよく旅行し、寛政三年に医術開業する。文化11年から蔵前の札差守村抱儀知遇をうけ専心著述に従事。著書に『七部集大鏡』『芭蕉翁句解参考』等がある。天保8年(1837)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢何丸 おざわ-なにまる

1761-1837 江戸時代後期の俳人。
宝暦11年3月生まれ。信濃(しなの)(長野県)の人。高桑闌更(らんこう)の門人。文政2年江戸にでて守村抱儀の援助を得,俳諧宗匠としてたつ。松尾芭蕉(ばしょう)研究で知られ,注釈書に「七部集大鏡」「芭蕉翁句解参考」などがある。天保(てんぽう)8年10月27日死去。77歳。本姓は茂呂。名は一元。通称は治郎右衛門。別号に古連,漁村,月院社。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android