コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守村抱儀 もりむら ほうぎ

1件 の用語解説(守村抱儀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守村抱儀 もりむら-ほうぎ

1805-1862 江戸時代後期の豪商,俳人。
文化2年生まれ。鶯卿(おうけい)の兄。江戸浅草蔵前の札差。俳諧(はいかい)を成田蒼虬(そうきゅう),絵を酒井抱一(ほういつ),詩文を中村仏庵にまなび,天保(てんぽう)二十四詩家のひとりにかぞえられる。小沢何丸の後援者だったが,豪華な生活で家産をかたむけた。文久2年1月16日死去。58歳。名は約。通称は次郎兵衛。別号に鴎嶼など。著作に「うみみぬ旅」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

守村抱儀の関連キーワード天王寺屋安倍季誕空二熊谷五右衛門(4代)定二郎宗七(5代)太一郎高田英季古家太郎兵衛室谷賀弘

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone