コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守村抱儀 もりむら ほうぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守村抱儀 もりむら-ほうぎ

1805-1862 江戸時代後期の豪商,俳人。
文化2年生まれ。鶯卿(おうけい)の兄。江戸浅草蔵前の札差俳諧(はいかい)を成田蒼虬(そうきゅう),絵を酒井抱一(ほういつ),詩文を中村仏庵にまなび,天保(てんぽう)二十四詩家のひとりにかぞえられる。小沢何丸の後援者だったが,豪華な生活で家産をかたむけた。文久2年1月16日死去。58歳。名は約。通称は次郎兵衛別号に鴎嶼など。著作に「うみみぬ旅」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

守村抱儀の関連キーワード抱儀豪商

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android