守村抱儀(読み)もりむら ほうぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「守村抱儀」の解説

守村抱儀 もりむら-ほうぎ

1805-1862 江戸時代後期の豪商,俳人
文化2年生まれ。鶯卿(おうけい)の兄。江戸浅草蔵前の札差。俳諧(はいかい)を成田蒼虬(そうきゅう),絵を酒井抱一(ほういつ),詩文を中村仏庵にまなび,天保(てんぽう)二十四詩家のひとりにかぞえられる。小沢何丸の後援者だったが,豪華な生活で家産をかたむけた。文久2年1月16日死去。58歳。名は約。通称次郎兵衛。別号に鴎嶼など。著作に「うみみぬ旅」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android