小泉其明(読み)こいずみ きめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉其明 こいずみ-きめい

1761-1836 江戸時代中期-後期の測量家。
宝暦11年生まれ。越後(えちご)(新潟県)の人。各地を遊歴し,長崎でオランダ人に測量術をまなぶ。のち越後蒲原(かんばら)郡で里正などをつとめる。新発田(しばた)藩主の命で越後と佐渡を実測し,文化14年(1817)「越後全図」などをあらわした。天保(てんぽう)7年5月11日死去。76歳。名は文恕。通称は八郎治。別号白水

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android