コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小獣林王 しょうじゅうりんおう So‐su‐lim‐wang

1件 の用語解説(小獣林王の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじゅうりんおう【小獣林王 So‐su‐lim‐wang】

?‐384
朝鮮,高句麗の第17代の王。在位371‐384年。父王の故国原王が百済と戦って薨(こう)ずるや後をついで即位。以来百済と対立する一方では,前秦によく通交し,372年には前秦王の苻堅より僧の順道と仏典・仏像を送られた。朝鮮半島への仏教伝来の初めとされる。また同年,太学を建て儒学教育を興し,翌年には律令を頒布したという。また順道のために肖門寺を建立して仏教の興隆に尽くした。【浜田 耕策】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の小獣林王の言及

【阿道】より

…朝鮮,高句麗に374年(小獣林王4)東晋からやってきた僧。生没年不詳。…

【高句麗】より

…369年故国原王は百済を攻めたが失敗し,371年百済軍に平壌城を攻められ,王は戦死した。このあとをうけた小獣林王は新文化の導入をはかり,372年に秦(前秦)から順道が,374年に魏から阿道が仏教を伝えた。翌年寺院を建立し,ここに朝鮮仏教が始まった。…

※「小獣林王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小獣林王の関連キーワード高麗三国遺事三国史記新羅高句麗もくり遁げる蒙古高句麗美女媛貴須王道顕(1)高句麗古墳群

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone