コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小獣林王 しょうじゅうりんおうSo‐su‐lim‐wang

世界大百科事典 第2版の解説

しょうじゅうりんおう【小獣林王 So‐su‐lim‐wang】

?‐384
朝鮮,高句麗の第17代の王。在位371‐384年。父王の故国原王が百済と戦って薨(こう)ずるや後をついで即位。以来百済と対立する一方では,前秦によく通交し,372年には前秦王の苻堅より僧の順道と仏典・仏像を送られた。朝鮮半島への仏教伝来の初めとされる。また同年,太学を建て儒学教育を興し,翌年には律令を頒布したという。また順道のために肖門寺を建立して仏教の興隆に尽くした。【浜田 耕策】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の小獣林王の言及

【阿道】より

…朝鮮,高句麗に374年(小獣林王4)東晋からやってきた僧。生没年不詳。…

【高句麗】より

…369年故国原王は百済を攻めたが失敗し,371年百済軍に平壌城を攻められ,王は戦死した。このあとをうけた小獣林王は新文化の導入をはかり,372年に秦(前秦)から順道が,374年に魏から阿道が仏教を伝えた。翌年寺院を建立し,ここに朝鮮仏教が始まった。…

※「小獣林王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小獣林王の関連キーワード高句麗文化朝鮮の仏教広開土王阿道