コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苻堅 ふけん Fu Jian; Fu Chien

6件 の用語解説(苻堅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苻堅
ふけん
Fu Jian; Fu Chien

[生]咸康4(338)
[没]太安1(385)
中国,五胡十六国前秦の第3代王 (在位 357~385) 。字は永固,文玉。諡は宣昭皇帝。廟号は世祖。 氐 (てい) 族出身。残虐であった苻生を殺して永興1 (357) 年自立,大秦天王と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふ‐けん【苻堅】

[338~385]中国、五胡十六国時代、前秦第3代の皇帝。在位357~385。字(あざな)は永国。前燕前涼を征服し、華北を統一。淝水(ひすい)の戦いで東晋に大敗。後秦の姚萇(ようちょう)に禅譲を迫られて自殺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

苻堅【ふけん】

中国,五胡十六国の前秦()の王(在位357年―385年)。諡号(しごう)は世祖。【てい】族の出身。苻健〔317-355〕の死後,その子を殺して即位。漢族の王猛を登用して,前燕・前涼などを滅ぼし華北を統一。
→関連項目クマーラジーバ五胡十六国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふけん【苻堅 Fú Jiān】

338‐385
中国,前の第3代皇帝。在位357‐385年。苻健の弟にあたる苻雄の子。357年(永興1)暴君苻生(苻健の子)を殺して即位,大秦天王を称した。漢族士人王猛(325‐375)を信任して,氐族の政権を中国的王朝へ高めることに努めた。明堂を建て,藉田の礼を行い,学校を建設して儒学教育の振興を図り,また魏・晋以来の士族の戸籍を復活した。一方,農業を奨励し,治安の回復に力を入れたので国家はよく治まり,長安と諸州の間には整った並木道が通じ,一定の間隔に駅と亭が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふけん【苻堅】

338~385) 中国、五胡十六国の前秦の第三代君主(在位357~385)。氐てい族の出身。前燕・前涼を滅ぼして華北を統一した。383年淝水ひすいの戦いで東晋軍に敗れ軍隊は瓦解。後秦の姚萇ようちように捕らえられ自殺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苻堅
ふけん
(338―385)

中国、五胡十六国(ごこじゅうろっこく)の前秦(ぜんしん)第3代の君主(在位357~385)。(てい)族の人。暴君苻生(ふせい)を殺して大秦天王の位についた。その最大の功績は、370年に前燕(ぜんえん)、376年に前涼(ぜんりょう)と代(だい)を滅ぼして華北統一に成功したことにあるが、また東晋(とうしん)から四川(しせん)を奪い、呂光(りょこう)を派遣して西域(せいいき)を従えた。漢人の名宰相王猛らの補佐を受け、徳治主義を標榜(ひょうぼう)し、国内はよく治まり、五胡諸国中第一の名君と評される。他種族に対しても寛大で、彼らを本拠の関中(かんちゅう)に多く徙(うつ)し、逆に族を東方に分置した。しかし、天下統一をかけた東晋(とうしん)遠征で(ひすい)の戦い(383)に敗れると、これら諸族はいっせいに再独立運動をおこし、そのなかで苻堅は羌(きょう)族の姚萇(ようちょう)に捕らえられて殺された。[窪添慶文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の苻堅の言及

【道安】より

…習鑿歯(しゆうさくし)との会見で〈弥天(そらにあまねき)釈道安〉〈四安(天下に聞えし)習鑿歯〉というやりとりは有名である。379年(建元15)前秦の苻堅は襄陽を攻め,道安と習鑿歯を得て長安に帰り,顧問とした。〈10万の師をもって一人半を得た〉という,このときの苻堅の言は古今の名言とされる。…

※「苻堅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

苻堅の関連キーワード宣宗皇帝睿宗王猛徽宗前秦中宗太宗皇太極忽必烈苻健

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone