コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順道 ジュンドウ

3件 の用語解説(順道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐どう〔‐ダウ〕【順道】

[名・形動ナリ]
順当な道すじであること。また、そのさま。
「路は―なれども宿の逆川(さかは)と云ふ処に泊る」〈海道記
順当な道理であること。また、そのさま。
「何か差し置きお盃を頂戴致すが―なれど」〈浄・近江源氏

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんどう【順道 Sundo】

朝鮮の高句麗に仏教を伝えた中国の僧。生没年不詳。中国,前秦王の符堅は,372年,高句麗に使節と僧の順道および仏像と経文を送った。374年には僧の阿道も高句麗に来たという。高句麗の小獣林王は,375年,肖門寺(肖文寺)を建て僧順道を置き,また伊弗蘭寺を建てて,ここには阿道を置いたという。これが朝鮮における仏教の始まりとされている。一説では順道は東晋から来たとも伝えられており,彼の確かな来歴は明らかではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんどう【順道】

当然の道理。また、順当なやり方。
順当な道筋。正しい進路。順路。 「路は-なれども宿の逆川さかはといふ所に泊る/海道記」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の順道の言及

【仏教】より

… 朝鮮における仏教の受容は,《三国史記》によると,372年(小獣林王2)に高句麗に伝来したのが最初である。秦王苻堅が使いを派遣し,経文とともに順道が来,次いで374年には阿道が来ている。翌年の春2月,順道に省門寺,阿道に伊弗蘭寺を建てたのが海東(朝鮮の異称)仏法の始めであるという。…

※「順道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

順道の関連情報