コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田切一雲 おだぎり いちうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田切一雲 おだぎり-いちうん

1630-1706 江戸時代前期の剣術家。
寛永7年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)の人。江戸にでて幕医半井瑞成(なからい-ずいせい)に師事,長谷川恕庵と称し塾頭をつとめる。のち八丁堀の針ケ谷夕雲(はりがや-せきうん)に無住心剣術をまなび,寛文2年(1662)印可をうける。39歳で深川に隠棲(いんせい),60歳で出家し空鈍と号した。宝永3年4月26日死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小田切一雲の関連キーワード井鳥巨雲

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android