小田喜代蔵(読み)おだ きよぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田喜代蔵 おだ-きよぞう

1864-1912 明治時代の軍人。
元治(げんじ)元年生まれ。小田式機雷の発明者海軍兵学校を卒業後,イギリスに留学し機械水雷を研究。日露戦争では連合艦隊付属敷設隊司令として,旅順港内に機雷を敷設,ロシアの旗艦ペトロパブロフスク号を沈没させた。のち呉工廠水雷部長,少将。明治45年4月25日死去。49歳。肥前唐津(佐賀県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android