コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田富弥 おだ とみや

1件 の用語解説(小田富弥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田富弥 おだ-とみや

1895-1990 大正-昭和時代の挿絵画家。
明治28年7月5日生まれ。北野恒富(つねとみ)に日本画をまなび,大正末期より挿絵界にはいる。時代小説,とくに股旅(またたび)もので活躍し,岩田専太郎とならぶ人気画家となる。挿絵に情熱をうしない,戦後は紙芝居などを製作。平成2年1月13日死去。94歳。岡山県出身。本名は大西一太郎。代表作に林不忘(ふぼう)「新版大岡政談」,吉川英治女人曼陀羅(まんだら)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小田富弥の関連キーワード深刻小説日清戦争印僑海部俊樹内閣ドイツ統一観念小説文芸倶楽部松竹(株)ドイツ映画女性労働

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone