コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田富弥 おだ とみや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田富弥 おだ-とみや

1895-1990 大正-昭和時代の挿絵画家。
明治28年7月5日生まれ。北野恒富(つねとみ)に日本画をまなび,大正末期より挿絵界にはいる。時代小説,とくに股旅(またたび)もので活躍し,岩田専太郎とならぶ人気画家となる。挿絵に情熱をうしない,戦後は紙芝居などを製作。平成2年1月13日死去。94歳。岡山県出身。本名は大西一太郎。代表作に林不忘(ふぼう)「新版大岡政談」,吉川英治女人曼陀羅(まんだら)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小田富弥の関連キーワード挿絵画家野口昂明昭和時代嶺田弘中一弥

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android