一太郎(読み)いちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「一太郎」の解説

一太郎 いちたろう

1833-? 江戸時代後期の農民の子。
天保(てんぽう)4年生まれ。阿波(あわ)(徳島県)重清(しげきよ)村の孝子。天保13年上郡一揆(かみごおりいっき)で捕らえられた父与一の赦免を徳島藩庁へ嘆願し,讃岐(さぬき)の金刀比羅宮(ことひらぐう)に7回詣(もう)でる。その孝心が藩主の耳に達し,父は死罪を減じられて島流しとなった。のち父をしたって孤島にわたったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「一太郎」の解説

一太郎

ジャストシステムが販売している日本語ワープロソフト。ノートパソコン向けの「一太郎Lite」や文芸活動のプロ向け「一太郎 文藝」、公用文書作成に対応した「一太郎ガバメント」、15種類の辞書・辞典から選べる辞書活用セットなどの製品がある。外部リンク一太郎Web

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「一太郎」の解説

いちたろう〔イチタラウ〕【一太郎】

日本のソフトウエア開発会社ジャストシステムが販売するワープロソフト。日本語変換システムとして、ATOKを搭載する。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android