コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女人(にょにん)曼陀羅

2件 の用語解説(女人(にょにん)曼陀羅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

女人(にょにん)曼陀羅

1933年、34年公開の日本映画。監督・脚本:伊藤大輔、原作:吉川英治による同名小説、撮影:酒井宏。出演:大河内伝次郎山田五十鈴山本礼三郎、伊達万里子ほか。第一篇、第二篇からなる。

女人曼陀羅

吉川英治の長編時代小説。1933~34年、伊藤大輔監督により二部作で映画化、1956年にも渡辺邦男監督により『勤王?佐幕?女人曼陀羅』『続 勤王?佐幕?女人曼陀羅』のタイトルで二部作で映画化されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女人(にょにん)曼陀羅の関連キーワードお千代傘剣難女難紅騎兵虚無僧系図女来也月笛日笛坂東侠客陣燃える富士有明無明龍虎八天狗

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone