女人(にょにん)曼陀羅

デジタル大辞泉プラスの解説

女人(にょにん)曼陀羅

1933年、34年公開の日本映画。監督・脚本:伊藤大輔、原作:吉川英治による同名小説、撮影:酒井宏。出演:大河内伝次郎山田五十鈴山本礼三郎、伊達万里子ほか。第一篇、第二篇からなる。

女人曼陀羅

吉川英治の長編時代小説。1933~34年、伊藤大輔監督により二部作で映画化、1956年にも渡辺邦男監督により『勤王佐幕?女人曼陀羅』『続 勤王?佐幕?女人曼陀羅』のタイトルで二部作で映画化されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android