コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩田専太郎 いわた せんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩田専太郎 いわた-せんたろう

1901-1974 大正-昭和時代の挿絵画家。
明治34年6月8日生まれ。伊東深水にまなび,20歳のとき博文館の「講談雑誌」に挿絵をかく。大正15年から「大阪毎日新聞」連載の吉川英治「鳴門秘帖(なるとひちょう)」の挿絵が評判をよび,モダン浮世絵とよばれる美人画はその後幅ひろい支持をえた。挿絵はほかに大仏(おさらぎ)次郎「赤穂(あこう)浪士」,川口松太郎「蛇姫様」などがある。昭和49年2月19日死去。72歳。東京出身。画集に「三百年のおんな」,随筆に「女・おんな・女」「わが半生記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩田専太郎
いわたせんたろう

[生]1901.6.8. 東京
[没]1974.2.19. 東京
挿絵画家。小学生の頃京都へ移り,小学校を卒業後,友禅染の図案家,印刷図案家のもとで修業。 18歳で上京,21歳のとき講談雑誌に初めて挿絵を描く。関東大震災後関西に戻り,『大阪毎日新聞』連載の三上於菟吉作『日輪』 (1926) の挿絵で注目され,以後その地位を確立。第2次世界大戦後『オール読物』の表紙に現代女性の姿をあでやかに描き,とりわけ時代物の挿絵では甘美な鋭い描線によって評価を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩田専太郎
いわたせんたろう
(1901―1974)

挿絵画家。東京に生まれる。木版摺師(すりし)の伯父の感化を受けて大衆的な絵画に興味をもち、少年のころから独学で絵を学ぶ。20歳ごろから挿絵画家の生活に入るが、関東大震災(1923)後、一時大阪に移住、1926年(大正15)より『大阪毎日新聞』に連載の吉川英治作『鳴門秘帖(なるとひちょう)』の挿絵を担当して、一躍人気画家となった。線描の美しい官能的な女性画像を得意とし、大衆娯楽雑誌の表紙を飾ったほか、新聞や雑誌の小説(とくに大衆的な時代小説)に、いわゆる専太郎独特の挿絵を提供し、幅広い愛好者の支持を集めた。かたわら本格的な日本画も描き、展覧会にも出品した。[小林 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩田専太郎の言及

【イラストレーション】より

… 大正末期から昭和初期にかけての〈挿絵の黄金時代〉は,新聞・雑誌メディアの大衆化,多様化とともに,こうした挿絵の芸術性が高められたことを背景としており,1935年には《名作挿画全集》が編まれるまでに至った。邦枝完二《お伝地獄》《おせん》の小村雪岱(1887‐1940),吉川英治《鳴門秘帖》および大仏次郎《赤穂浪士》の岩田専太郎(1901‐74),永井荷風《濹東綺譚》の木村荘八はじめ,太田三郎,田中良,河野通勢,小田富弥,山川秀峰,中村貞以,中村岳陵,林唯一,小林秀恒,志村立美,堂本印象,矢野橋村,藤田嗣治,佐野繁次郎,宮本三郎,小出楢重ら,日本画家,洋画家,挿絵専門家が入り乱れて活躍することになる。また文学のジャンルも多様化し,〈探偵小説〉が大正末からブームを興すと,《新青年》を中心に,竹中英太郎,茂田井武,横山隆一,松野一夫,吉田貫三郎らが筆をふるった。…

※「岩田専太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩田専太郎の関連キーワード富永 謙太郎吉田 竜夫小田 富弥小林 秀恒雪之丞変化新関健之助志村 立美湊 明子昭和時代小田富弥挿絵画家志村立美歌川派小林

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android