コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田常太郎 おだ つねたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田常太郎 おだ-つねたろう

1876-1941 明治-昭和時代前期の植物学者。
明治9年2月22日生まれ。母校山口農学校,山口高女などの教諭を歴任。山口県内各地で植物を採集して分布の調査をすすめ,県内植物相の解明につとめる。日本ではじめてゴショイチゴを佐波郡(さばぐん)柚野(ゆの)村(徳地町)で発見した。昭和16年12月7日死去。66歳。山口県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小田常太郎の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣おもなお雇い外国人アトランタ・ブレーブスマキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android