コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原良八 おがさわら りょうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原良八 おがさわら-りょうはち

1799-1833 江戸時代後期の武士。
寛政11年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。家老津軽多膳のもとで勘定奉行,用人となる。きびしい勤倹政策が藩主津軽信順(のぶゆき)の反発にあい,反対派の復権によって失脚。天保(てんぽう)4年10月投獄され,26日処刑された。35歳。名は泰行。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原良八の関連キーワードブラウンブラウンブラウン(Charles Brockden Brown)しし(獅子)座流星群しし座流星群プーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)産業革命史(年表)ハーシェルワレンシュタイン序曲

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android