コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原長和 おがさわら ながかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原長和 おがさわら-ながかず

1822-1840 江戸時代後期の大名。
文政5年7月3日生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主柳沢保泰(やすひろ)の9男。小笠原長会(ながお)の養子となり,天保(てんぽう)7年肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主小笠原家4代。同年の大飢饉(だいききん)の際粥(かゆ)をたいておおくの人をすくったが,10年の百姓一揆(いっき)は武力で鎮圧した。天保11年10月23日死去。19歳。名は「ながよし」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原長和の関連キーワード小笠原長国上総国