小草(読み)オグサ

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ぐさ を‥【小草】

〘名〙 小さい草。また、草。
※俳諧・韻塞(1697)八月「小草までともにそよめく月見哉〈徐刁〉」

こ‐ぐさ【小草】

〘名〙
① ちいさい草。おぐさ。
※重之集(1004頃)百首「山のしろの淀のこくさをかりにきて袖濡れぬとはうらみざらなん」
② 植物「ひめはぎ(姫萩)」の異名。〔大和本草(1709)〕

しょう‐そう セウサウ【小草】

〘名〙 小さな草。おぐさ。こぐさ。
※空華集(1359‐68頃)一・次韻竺心嘉木軒「千載復為誰、微生如小草

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小草の関連情報