怡渓宗悦(読み)イケイソウエツ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

怡渓宗悦 いけい-そうえつ

1644-1714 江戸時代前期-中期の僧,茶人。
正保(しょうほ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。武蔵(むさし)の人。京都大徳寺の愚渓宗智(ぐけい-そうち)の法をつぎ,元禄(げんろく)6年同寺住持。15年江戸東海寺に高源院をひらく。茶を片桐石州にまなび,怡渓流をおこした。門人に初代伊佐幸琢(こうたく)ら。正徳(しょうとく)4年5月2日死去。71歳。諡号(しごう)は法忍大定禅師。著作に「怡渓和尚茶談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いけい‐そうえつ【怡渓宗悦】

江戸時代中期の禅僧、茶人。大徳寺座主。片桐貞昌について茶道を学び、石州流怡渓派の祖とされる。著書に「石州流三百箇条註解」。正保元~正徳四年(一六四四‐一七一四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android