コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怡渓宗悦 イケイソウエツ

2件 の用語解説(怡渓宗悦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いけい‐そうえつ【怡渓宗悦】

[1644~1714]江戸中期の禅僧・茶人。江戸品川の東海寺高源院の開祖。茶道の石州流を学び、怡渓派を開いた。のち、大徳寺住持。法忍大定禅師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

怡渓宗悦 いけい-そうえつ

1644-1714 江戸時代前期-中期の僧,茶人。
正保(しょうほ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。武蔵(むさし)の人。京都大徳寺の愚渓宗智(ぐけい-そうち)の法をつぎ,元禄(げんろく)6年同寺住持。15年江戸東海寺に高源院をひらく。茶を片桐石州にまなび,怡渓流をおこした。門人に初代伊佐幸琢(こうたく)ら。正徳(しょうとく)4年5月2日死去。71歳。諡号(しごう)は法忍大定禅師。著作に「怡渓和尚茶談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

怡渓宗悦の関連キーワード相沢定常井上久斎内田雪山江志知辰大野秀和小泉了阿辻政近遠山友春宗吉吉田孤山

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone