コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怡渓宗悦 イケイソウエツ

デジタル大辞泉の解説

いけい‐そうえつ【怡渓宗悦】

[1644~1714]江戸中期の禅僧茶人。江戸品川の東海寺高源院の開祖。茶道の石州流を学び、怡渓派を開いた。のち、大徳寺住持。法忍大定禅師。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

怡渓宗悦 いけい-そうえつ

1644-1714 江戸時代前期-中期の僧,茶人。
正保(しょうほ)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。武蔵(むさし)の人。京都大徳寺の愚渓宗智(ぐけい-そうち)の法をつぎ,元禄(げんろく)6年同寺住持。15年江戸東海寺に高源院をひらく。茶を片桐石州にまなび,怡渓流をおこした。門人に初代伊佐幸琢(こうたく)ら。正徳(しょうとく)4年5月2日死去。71歳。諡号(しごう)は法忍大定禅師。著作に「怡渓和尚茶談」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

怡渓宗悦の関連キーワード伊佐幸琢(初代)布施孫兵衛石尾阿波守桑山可斎堀田正高溝口重雄小菅正親小泉了阿木下梅渓井上久斎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android