コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小蜂 コバチ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ばち【小蜂】

膜翅(まくし)目コバチ上科の昆虫の総称。アシブトコバチ・イチジクコバチなど多くの科のものが含まれる。体長2、3ミリほどで、翅(はね)の脈が退化し、体色は金属光沢のあるものが多い。他の昆虫や植物種子などに寄生する。
小形のハチ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こばち【小蜂】

コバチ上科のハチの総称。体長3ミリメートル 以下の微小なものが多く、すべて寄生蜂で、大部分は他の昆虫・クモあるいはそれらの卵に産卵し、幼虫は宿主を体内から食べて育つ。害虫の天敵として利用されるものもある。アオムシコバチ・ズイムシアカタマゴバチなど多数。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小蜂 (コバチ)

動物。コバチ上科の昆虫の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

小蜂の関連キーワードクワコナコバチアオムシコバチ金属光沢気管支炎大部分動物宿主体色

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android