小行事・少行事(読み)しょうぎょうじ

精選版 日本国語大辞典「小行事・少行事」の解説

しょう‐ぎょうじ セウギャウジ【小行事・少行事】

〘名〙 仏語。法会のおり、大行事の命を受けて供物などの用意をし、また道場内の荘厳をつかさどる役。
※東寺執行日記‐貞治元年(1362)一一月二三日「円良拝任少行事職、如常預補任状

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android