コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行縢/行騰 ムカバキ

2件 の用語解説(行縢/行騰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むか‐ばき【行縢/行騰】

遠行の外出・旅行・狩猟の際に両足の覆いとした布帛(ふはく)や毛皮の類。中世の武士は騎馬遠行の際の必需品とし、シカの皮を正式として腰から足先までを覆う長いものを着用した。現在も流鏑馬(やぶさめ)の装束に使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行縢
むかばき

武士が旅や猟をする際に、袴(はかま)の上から着装する服飾品の一種。袴をはいていても、乗馬していばらの道を通れば足を痛めることが多いので、武士はこれをはくことによって、その災いから逃がれることができた。行縢は、「向こう脛巾(はばき)」の語から転じたものである。また、これは鎌倉時代、武家社会において流鏑馬(やぶさめ)、犬追物(いぬおうもの)、笠懸(かさがけ)などを行うときに射手方によって着装され、以後普及したものである。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行縢/行騰の関連キーワード外輪狩猟文遠行革緒の太刀走狗目隠し籠手の覆い鳥獣保護法ハングテン踏み足

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone