コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行縢/行騰 ムカバキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行縢
むかばき

武士が旅や猟をする際に、袴(はかま)の上から着装する服飾品の一種。袴をはいていても、乗馬していばらの道を通れば足を痛めることが多いので、武士はこれをはくことによって、その災いから逃がれることができた。行縢は、「向こう脛巾(はばき)」の語から転じたものである。また、これは鎌倉時代、武家社会において流鏑馬(やぶさめ)、犬追物(いぬおうもの)、笠懸(かさがけ)などを行うときに射手方によって着装され、以後普及したものである。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

行縢/行騰の関連キーワード七献の引き出物・七献の引出物引き合わせ・引き合せ宮崎県延岡市行縢町礼服(らいふく)祖母傾国定公園七献の引出物行縢∥行騰延岡(市)九州山地たぶやか行縢の滝可愛岳延岡市犬追物芝打ち狩装束行縢山矢筈滝甲冑武技

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android