コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行縢/行騰 ムカバキ

2件 の用語解説(行縢/行騰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むか‐ばき【行縢/行騰】

遠行の外出・旅行・狩猟の際に両足の覆いとした布帛(ふはく)や毛皮の類。中世の武士は騎馬遠行の際の必需品とし、シカの皮を正式として腰から足先までを覆う長いものを着用した。現在も流鏑馬(やぶさめ)の装束に使用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行縢
むかばき

武士が旅や猟をする際に、袴(はかま)の上から着装する服飾品の一種。袴をはいていても、乗馬していばらの道を通れば足を痛めることが多いので、武士はこれをはくことによって、その災いから逃がれることができた。行縢は、「向こう脛巾(はばき)」の語から転じたものである。また、これは鎌倉時代、武家社会において流鏑馬(やぶさめ)、犬追物(いぬおうもの)、笠懸(かさがけ)などを行うときに射手方によって着装され、以後普及したものである。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone