小谷ヘンリー(読み)こたに ヘンリー

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小谷ヘンリー こたに-ヘンリー

1887-1972 大正-昭和時代の映画監督,カメラマン。
明治20年4月25日生まれ。幼時に両親と渡米。高校卒業後,俳優,カメラマンとなる。大正9年帰国,松竹蒲田(かまた)撮影所にはいり,「島の女」「虞美人草(ぐびじんそう)」などを監督し,撮影も担当。のちパラマウント-ニュース社極東代表。戦後は駐日米陸軍の通信映画班教官をつとめた。昭和47年4月8日死去。84歳。広島県出身。本名は倉市。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android