コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小豆島御影 しょうどしまみかげ

世界大百科事典 第2版の解説

しょうどしまみかげ【小豆島御影】

香川県小豆島北東の海岸部に産する御影石の石材名。産地の名をとって福田御影,大部(おおべ)御影などとも呼ばれる。古くは大坂城の築城にあたって盛んに切り出され,明治初年皇居の造営には二重橋の用材として使用された。中粒であるが,酸化によるさびが生じやすいので建築,墓石などには不向きで,土木用材としておもに阪神方面に出荷されている。【矢橋 謙一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android