コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さび さび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さび

俳諧用語。蕉風の俳諧においてその本質,風趣についていう語。去来は「さびは句の色なり。閑寂なる句をいふにあらず。たとへば,老人の甲冑を帯し戦場に働き,錦繍をかざりて御宴に侍りても老の姿有るが如し。賑やかなる句にも,静かなる句にも有るものなり」といっている。中世以来の幽玄美に,さらに枯寂な色調が加えられたもの。表面的,題材的な情調ではなく,対象をとらえる作者の心的観照,体験が「さび」をもっているのである。だから濃艶な題材を詠んでも「さび」は表われる。去来の「花守や白き頭をつき合はせ」の句について,芭蕉は「さび」色がよく表われたといってほめたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さび

鮨屋(すしや)で、わさびのこと。「さびぬき」

さび

日本風歌謡曲、ポップスなどの大衆音楽で、楽曲の聞かせどころをいう。「好きな曲のさびを着メロにする」
[補説]語源は不詳。「さびのある声」などと同語源か。音楽業界ではかなり早くから使っていたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

さび

美的興趣をさす言葉で中世の歌論・連歌論にも用いられているが,とくに俳諧用語として一般化した。蕉風俳諧においては〈しをり〉〈ほそみ〉と並称される句の姿の目標である。
→関連項目さび(錆/銹)止め丈草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

さび

すし屋で、「わさび(山葵)」の略。「さび抜き(わさびを入れないこと)」などと用いる。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さび

(鮨屋すしやで)「わさび」のこと。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さびの関連情報