小野務(読み)おの つとむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野務 おの-つとむ

1787-1854 江戸時代後期の歌人。
天明7年6月6日生まれ。小野櫟翁(れきおう)の子。豪農の家に生まれ,丹波亀山藩(京都府)の勘定方をつとめた。漢詩を頼山陽,菅茶山,和歌を木下幸文(たかふみ),香川景樹にまなんだ。嘉永(かえい)7年1月27日死去。68歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。字(あざな)は孝卿,伯本。通称は本太郎。号は蘇庵,柿園など。著作に「詠史和歌百首」「柿園拾葉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おの‐つとむ【小野務】

江戸末期の桂園派歌人。号、蘇庵。備中に生まれる。著「柿園拾葉」「詠中百首」「蘇庵和文」など。安政元年(一八五四)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android