桂園派(読み)けいえんは

日本大百科全書(ニッポニカ)「桂園派」の解説

桂園派
けいえんは

香川景樹(かげき)(号、桂園)とその門流をいう。景樹の「調(しらべ)の説」による新歌論と清新優雅な作風は全国に波及し、景樹門人の概数は1000人に達し、熊谷直好(くまがいなおよし)、木下幸文(たかふみ)を双璧(そうへき)として、桃沢夢宅(ももさわむたく)、赤尾可官(あかおよしたか)、菅沼斐雄(すがぬまあやお)、高橋残夢、穂井田忠友(ほいだただとも)、内山真弓(まゆみ)、八田知紀(はったとものり)、渡忠秋(わたりただあき)ら、女流では秋園古香(ひさか)、高畠式部(たかばたけしきぶ)らが活躍し、そのまた門流も育成されて、近世後期の歌壇に大きな勢力を占めた。明治維新後は宮中御歌所(おうたどころ)に八田知紀、渡忠秋が登用され、知紀門下高崎正風(まさかぜ)が御歌所長に任命され、松波資之(まつなみすけゆき)、黒田清綱、税所敦子(さいしょあつこ)らがこれを助け、御歌所を拠点として桂園派は歌界に君臨した。正岡子規(しき)はこの重圧に反発して、和歌から短歌へと近代化の道を開いた。

[兼清正徳]

『兼清正徳著『桂園派歌人群の形成』(1972・史書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「桂園派」の解説

桂園派
けいえんは

江戸時代後期から明治にかけての和歌の一流派。香川景樹とその門流をいう。「調べの説」を主張し,古今風の歌風尊重した。木下幸文 (たかぶみ) ,熊谷直好八田知紀らはこの派に属する。明治になって,知紀が後進の高崎正風とともに御歌所に用いられたことから,一時,歌壇の主流となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「桂園派」の解説

桂園派
けいえんは

江戸後期,香川景樹が主張した和歌の流派
景樹63歳のときに刊行された『桂園一枝』から命名賀茂真淵 (まぶち) らの『万葉集』尊重に対し古今調を主唱し,京坂歌壇に流行。門下には木下幸文・熊谷直好など多士済々であり,明治初年まで続いた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「桂園派」の解説

けいえん‐は ケイヱン‥【桂園派】

〘名〙 和歌の一流派。江戸後期の歌人、香川景樹の創始。賀茂真淵らの万葉風和歌に対して、古今風の歌風を樹立したもの。明治初年まで歌壇の主要勢力となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の桂園派の言及

【香川景樹】より

…号は桂園,東塢(とうう)亭など。桂園派の祖。因幡国鳥取藩の藩士荒井家に生まれる。…

【短歌】より

…さらに〈ただごと歌〉を主張した小沢蘆庵,〈調べの論〉を提唱した香川景樹の2人は,反真淵の立場を前面に出すことで,自身の作風を鮮明にした。とくに,古今風を標榜(ひようぼう)した景樹の門流は隆盛をきわめ,江戸時代最大の流派〈桂園派〉を形成した。なお幕末にいたって,流派にとらわれることなく,自在な詠風を見せる歌人が登場した。…

※「桂園派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android