コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野木重次 おのぎ しげつぐ

2件 の用語解説(小野木重次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野木重次 おのぎ-しげつぐ

?-1600 織豊時代の武将。
豊臣秀吉につかえ,文禄(ぶんろく)3年丹波福知山城(京都府)城主となる。関ケ原の戦いで西軍につき,一時丹後(京都府)田辺城を占拠したが,やがて細川忠興の軍に敗れ,慶長5年10月18日亀山浄土寺で自刃(じじん)。通称は清次郎。名は別に重勝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野木重次

没年:慶長5.10.18(1600.11.23)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。早くから豊臣秀吉の家人となる。通称清次郎。はじめ黄母衣衆,大母衣衆。天正10(1582)年の本能寺の変直後,山城淀城主となり,同12年ごろまで京都南郊を支配。同年の小牧・長久手の戦に従い,伊勢神戸城を預けられた。秀吉の関白任官に伴い従五位下,縫殿助に叙任。同17年美濃で検地を行い,小田原攻め,文禄の役にも参加した。当時は丹波福知山城主(3万~4万石)。関ケ原の戦では石田三成方に属し大坂警備,次いで丹後田辺城を包囲。しかし9月の敗戦で居城を細川忠興に囲まれ落城,自殺。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野木重次の関連キーワード池田秀雄山岡如軒桑山宗栄安土桃山時代黒田如水織豊時代日本史桃山時代蜂須賀小六戸田勝隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone