コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎杖 イタドリ

デジタル大辞泉の解説

いたどり【虎杖】

タデ科の多年草。山野に自生。高さ約1.5メートル。茎にはかすかな紅色の斑点があり、葉は卵形で先がとがる。雌雄異株。夏、白色または淡紅色の小花が円錐状につく。花が紅色のものを特に、明月草(めいげつそう)とよぶ。若い茎は酸っぱいが、食べられる。根を漢方で虎杖根(こじょうこん)といい、利尿・通経薬とする。さいたづま。たじい。すかんぽ。 春 花=夏》「―を啣(くは)へて沙弥や墓掃除/茅舎
紋所の名。イタドリの葉と花を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたどり【虎杖】

タデ科の多年草。山野に自生。高さ約1.5メートル。葉は卵状楕円形。晩夏、白色の小花多数を穂状につける。春出る若芽は酸味があって食用となる。花が紅色のものは明月草と呼ぶ。根は漢方で緩下・利尿・通経剤とする。 [季] 春。 《 -を銜くわへて沙弥や墓掃除 /川端茅舎 》 〔「虎杖の花」は [季]夏。《-の花をこぼして雨強し/佐藤漾人》〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虎杖 (イタドリ)

学名:Polygonum cuspidatum
植物。タデ科多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の虎杖の言及

【イタドリ】より

…江戸時代には,根茎を甘草(かんぞう)とともに煎じて,夏の飲料とした。中国では,若い茎の紅紫斑を虎の皮の模様にたとえ,虎杖という。地下茎と根は漢方の虎杖根(こじようこん)で,ポリゴニンpolygonin,エモディンemodinなどを含み,通経,利尿,緩下剤などに用いられる。…

※「虎杖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

虎杖の関連キーワード北海道白老郡白老町中山来助(5代)中山来助(4代)虎杖浜たらこ鍋沢ワカルパ小野 蕪子白老(町)川端茅舎雌雄異株栃ノ木峠多治比氏倉田葛三小野蕪子宮本虎杖通経薬貴船祭明月草虎杖浜チャシ虎杖根

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虎杖の関連情報