コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野鶴山 おの かくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野鶴山 おの-かくざん

1701-1770 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)14年生まれ。おさなくして合原窓南(あいはら-そうなん)の門弟となり,京都で若林強斎にまなぶ。強斎が没したあと,娘婿となり,その望楠軒書院でおしえた。のちに若狭(わかさ)(福井県)小浜藩につかえた。明和7年6月14日死去。70歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。名は道煕(みちひろ)。通称は平蔵,忠市郎。著作に「孟子講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野鶴山の関連キーワード中山菁莪西依成斎岡鳳鳴儒者元禄