小鳥焼(き)(読み)コトリヤキ

精選版 日本国語大辞典の解説

ことり‐やき【小鳥焼】

〘名〙
① スズメなどの小鳥を背開きにして、たれをつけて焼いたもの。すずめやき。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「名物の小鳥焼に里芋の田楽」
② 鮒などを三枚におろし、山椒味噌をつけて焼いたもの。〔料理物語(1643)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android