コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鹿島公業 おがしま きみなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小鹿島公業 おがしま-きみなり

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
橘公長の次男。伊予(いよ)(愛媛県)宇和郡を本拠とする。治承(じしょう)4年(1180),かつて平知盛(とももり)につかえた父とともに鎌倉で源頼朝の側近となる。奥州攻めの功により出羽(でわ)秋田郡小鹿島地頭職(しき)をあたえられる。承久(じょうきゅう)3年長門(ながと)(山口県)の守護。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小鹿島公業の関連キーワード鎌倉時代橘公業

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android