コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少弐景資 しょうに かげすけ

3件 の用語解説(少弐景資の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少弐景資 しょうに-かげすけ

1246-1285 鎌倉時代の武将。
寛元4年生まれ。少弐資能(すけよし)の子。蒙古(もうこ)襲来(元寇(げんこう))では九州御家人をひきいて奮戦。兄経資(つねすけ)と家督をあらそい,筑前(ちくぜん)(福岡県)岩門(いわと)城で挙兵したが,弘安(こうあん)8年11月敗死した(岩門合戦)。40歳。通称は三郎左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

少弐景資

没年:弘安8(1285)
生年:寛元4(1246)
鎌倉中期の武将。資能の子。三郎左衛門,豊前守,のちに盛氏と改める。文永11(1274)年のモンゴル襲来のときは,29歳であったが,五百余騎を率いて博多息浜で侍大将として奮戦した。『蒙古襲来絵詞』には「月のたいしやう」とみえる。弘安4(1281)年のモンゴル襲来のときも,鷹島の合戦の検知をしていることが知られる。8年安達盛宗に呼応して,兄経資に対して筑前国(福岡県)岩門城で挙兵したが,誅伐され自害した。景資の所領筑前国志登社地頭職は没収され,詫磨時秀に給付されている。<参考文献>『蒙古襲来絵詞』,川添昭二『九州中世史の研究』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうにかげすけ【少弐景資】

?‐1285(弘安8)
鎌倉後期の武将。資能の子。通称三郎左衛門。豊前守。本拠は筑前国那珂東郷岩門。所領には同国志登社地頭職,肥前国那久野村地頭職,肥後国永吉荘預所職等がある。モンゴル襲来では前線司令官として活躍。1285年,兄経資から家督を奪おうとして,本拠で岩門合戦を起こしたが,敗れて自殺。景資の所領はモンゴル合戦の勲功賞として利用され,諸氏に配分された。【山口 隼正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

少弐景資の関連キーワード武藤景泰少弐景資安達泰盛少弐景資弘安合戦執権政治寛元ポプラ社小説大賞西松屋チェーン安達泰盛

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone