岩門合戦(読み)いわとがっせん

世界大百科事典 第2版の解説

いわとがっせん【岩門合戦】

1285年(弘安8)筑前国那珂郡東郷岩門で,武藤景資(かげすけ)が引き起こし,死した合戦。この合戦は,御内人(みうちびと)勢力と御家人層の衝突によって起こった弘安合戦の九州への波及であったが,武藤景資の,惣領で兄の武藤経資(つねすけ)に対する惣領・庶子間の抗争であると同時に,北条氏―得宗の鎮西支配強化に対する抵抗でもあった。合戦の参加者には,筑前,筑後豊前肥前などの武士がおり,筑前,豊前を中心とする景資方の所領は没収されて,81年の蒙古合戦やこの岩門合戦の恩賞として御家人に配分された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩門合戦
いわとかっせん

1285年(弘安8)、少弐景資(しょうにかげすけ)が、兄少弐経資(つねすけ)に対し、筑前国那珂郡(なかぐん)岩門(現、福岡県那珂川市)で反乱を起こし、敗死鎮圧された事件。同年11月、鎌倉で安達泰盛(あだちやすもり)が得宗被官(とくそうひかん)平頼綱(たいらのよりつな)と対立し、発生した霜月騒動(しもつきそうどう)が地方に波及した合戦。景資はモンゴル襲来の際、泰盛の子の安達盛宗(あだちもりむね)と共に、鎮西(ちんぜい)御家人を率いて活躍し、御家人たちの信頼を受けていたが、モンゴル合戦の恩賞は、惣領の経資に与えられるなど、御家人制の根幹である惣領制の支配を打破することはできなかった。一方、御家人たちもモンゴル合戦の恩賞地配分をめぐって不満が蓄積していた。景資はこれら不満分子の与望を受けて、それら勢力を結集したが、惣領経資によって鎮圧された。合戦後、没収された景資の所領は、モンゴル合戦恩賞地として、鎮西御家人に配分された。[瀬野精一郎]
『川添昭二著「岩門合戦再論―鎮西における得宗支配の強化と武藤氏1」(森克己博士古稀記念会編『史学論集 対外関係と政治文化2』所収・1974・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩門合戦の言及

【那珂川[町]】より

…那珂川上流に筑紫耶馬渓(釣垂(つたる)峡),南畑ダムがあり,脊振雷山県立自然公園に含まれる。また,町内にある岩門(いわと)城跡は岩門合戦の舞台である。この合戦は霜月騒動の地方的波及の一つで,1285年(弘安8)武藤(少弐)景資が惣領経資に反乱し,この岩門城で敗死した事件である。…

※「岩門合戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android