尖頭アーチ(読み)せんとうアーチ(英語表記)pointed arch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築用語。ロマネスク建築半円形アーチに代ってゴシック建築において採用されるようになったスパン (梁間) の半分よりも長い半径をもつ2つの円弧でつくられる先端のとがったアーチ。正方形平面の上にリブ・ボールトをかける場合,四辺の上のアーチ形を半円形にすると,そのアーチの頂点の高さは対角線上の半円形アーチの頂点よりも低くなり,重力がこの四辺上のアーチにかかってくる。これを是正するため四辺上のアーチの頂点を高くすることから尖頭形のアーチが生れた。この尖頭アーチは一つの様式としてボールト部にかぎらず開口部にも採用されるようになり,ゴシック建築を最も特徴づける重要な要素となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

二つの円弧を組み合わせて頂部をとがらせたアーチ。とがりアーチ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (アーチはarch) ふたつの円弧を組み合わせて造る、頂部のとがったアーチ。ゴシック建築の重要な特徴の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尖頭アーチの言及

【アーチ】より

…ローマ人は,エトルリア人から半円アーチ工法を学び,石造,煉瓦造,コンクリート造によるアーチやボールトをほとんど完ぺきといってよい水準にまで発展させ,これがまぐさ(リンテル)式構造とともに中世以降の西欧建築構法の基本となった。ロマネスク建築では主として半円アーチ,ゴシック建築では尖頭アーチが用いられ,ルネサンス建築では再びローマ風の半円アーチが用いられた。 最も通例のアーチは半円アーチで(図1),半円環を奇数個のくさび形の迫石(せりいし)(ブソアー)に分割してつくり,半円形の木造型枠の上に両端から並べてゆき,最後に頂部の要石(かなめいし)(キーストーン)をはめてから型枠をはずす。…

【ゴシック美術】より


[教会堂建築の新様式]
 ゴシック美術の様式はまず建築,ことに教会堂建築によって実現されたが,これと協和して形成された彫刻,絵画,工芸に対しても,総括的にこの様式の名称が適用される。ゴシック教会堂建築の特徴としては,一般に構造技術上の3要素,すなわちリブ・ボールトribbed vault,尖頭アーチpointed arch,フライイング・バットレスflying buttress(飛控え)があげられ,その組織的適用によって,仰高性のいちじるしい建築様式が成立しているとされる(ゴシック建築のうちには,木造天井を架して,しかも仰高性をあらわしている例もあるが,様式形成の主導力となったのは石造ボールト建築である)。この3要素はすでにロマネスク建築にもあった。…

※「尖頭アーチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android