コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

就業者 しゅうぎょうしゃ employed persons

1件 の用語解説(就業者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

就業者
しゅうぎょうしゃ
employed persons

従業者と休業者を合わせたもの。従業者とは,賃金・給料・諸手当・内職収入などの収入を伴う仕事を1時間以上した者で,家族従業者の場合には無給であっても仕事をしたとみなされる。また休業者とは,仕事を持ちながら少しも仕事をしなかった者のうち,(1) 雇用者で,給料・賃金の支払いを受けている者,または受けることになっている者,(2) 自営業主で自分の経営する事業を持ったままで,その仕事を休み始めてから 30日にならない者をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の就業者の言及

【就業人口】より

…職業に就き収入を得ている人間=就業者(有業者ともいう)の集まりをいう。就業者はさらに,ある一定(調査)期間中現実に仕事をしていた者(従業者)と,まったくしなかった者(休業者)に分けられる。…

【労働力人口】より

…15歳(義務教育終了年齢)以上の人口を生産年齢人口と呼ぶが,このうち労働の意思と能力をもっている人口を労働力人口という。したがって労働力人口は,意思と能力をもち実際に労働に従事している就業者と,意思と能力をもちながらなんらかの事情により就業できずにいる完全失業者の二つに分けられる(〈失業人口〉〈就業人口〉の項参照)。労働力人口を把握する方法,調査としては,労働力調査(毎月),国勢調査(5年に1度)のように調査期間中における状態でとらえようとする労働力方式あるいは現在方式(アクチュアル方式ともいう)と,就業構造基本調査(3年に1度)のように調査時点を離れて平常の状態でとらえようとする有業者方式あるいは平常方式(ユージュアル方式)の二つがある。…

※「就業者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

就業者の関連キーワード家族従業者失業率(Unemployment Ratio)流通業者客付け業者仲介業者業務発明雇用従業者従業者移動防止令従業者発明従業者発明制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

就業者の関連情報